ボトックス注射の相談【腫れや痛みは少ない】

女性
  1. ホーム
  2. 安全で有効な毒素

安全で有効な毒素

水着の人

毒素で美容を

ボツリヌス菌といえば食中毒を起こす代名詞のような存在です。ボツリヌス菌が作る毒素をボツリヌストキシンといいますが、この毒素は医療の世界で有効活用されています。痙縮と書いて、けいしゅく、と読みますが、これは筋肉が痙攣する状態を指しています。この痙縮は、発生した部位によって、日常的な挙動が取りにくくなります。例えば、ひざ関節を取り巻く筋肉にこの痙縮が発生すると、ひざを自由に動かせなくなり、歩行に支障がでてきます。このような痙縮した筋肉の状態を引き起こすもとは、神経伝達物質であるアセチルコリンが主に関与しています。すなわち、アセチルコリンは筋肉を収縮させる役割をもっているのです。ところで、ボツリヌストキシンは、そのアセチルコリンの働きを阻害します。医療の現場では、痙縮に対する有効な治療法として、このボツリヌストキシンが活用されているのです。一方、このボツリヌストキシンの作用は美容外科の分野でも活用されています。歳をとると目立ってくるしわ。特に、笑うと顔に出てくるしわは、表情筋があるためです。体の中で、顔は、筋肉と皮膚が唯一つながっている部位です。笑うなどで顔面の筋肉を動かすと、筋肉に引っ張られるようにして皮膚が動きます。このときに顔面に現れるのが、しわ、というわけです。表情筋から作られるしわは、筋肉が緊張しているために起こる現象なので、ボツリヌストキシンを筋肉に注入することで、緊張を緩めることが可能です。緩められれば、しわができにくくなる、ということです。美容外科では、ここで、ボツリヌストキシンを使います。それがボトックス注射です。ボトックス注射は効果が実証済みです。表情筋が作り出すしわ予防に、ボトックス注射は効果が高いですが、実際にボトックス注射を行なってもらうためには、腕の良い美容外科クリニックを探す必要があります。すなわち、ボトックス注射は、施術者の腕と、注入量によって、その効果に違いがでるのです。ボツリヌストキシンは薬剤なので、相応の副作用が出る可能性がありますが、大きな副作用は報告されていません。この副作用の点でも、腕のよい医師かどうかが関係してくることはもちろんです。また、美容外科クリニックによって、同じボトックス注射であっても費用が異なってきます。ボトックスは、その効果が3ヶ月から9ヶ月と比較的短いため、的確な治療を行わないと、かけた費用に見合う成果がでない可能性がありますので注意したい。ボトックス注射をはじめて試してみようとする人にとっては、ボツリヌス菌という食中毒を引き起こす代名詞的存在が生成する毒素を身体に注入することに抵抗があるかもしれません。しかし、食中毒を起こす元凶は、ボツリヌス菌そのものであって、それが生成する毒素の方ではありません。しかも、実際に治療に使うボツリヌストキシンは希釈されて安全な濃度になっています。また、この注射法が利用されるようになってかなりの年数が経過しており、その間に、可能性のある副作用はほぼ出尽くしています。はじめての人は、医師からだけでなく、ネット上で体験者の声を見つけてそれを参考にしながら、安心した上で試してみるのがよいでしょう。しわ取り以外にも、小顔効果もあります。