ボトックス注射の相談【腫れや痛みは少ない】

女性

効率的に悩みを解消

カウンセリング

顔が大きい方やシワが目立っている人に向いているのが、ボトックス注射で美容外科クリニックで利用できます。申込方法は難しくなく最初にカウンセリングの予約をして、問題がなければボトックス注射の治療を受けられます。

人気の施術で小顔を実感

注射

顔が大きく見えてしまうエラ張りを改善する為には、美容外科クリニックでのボトックス注射がおすすめです。簡単な施術ですっきり小顔を手に入れることが出来るので、ぜひ腕の良いドクターがいるクリニックを見つけましょう。

安全で有効な毒素

水着の人

ボツリヌス菌の毒素ボツリヌストキシンを使った治療は痙縮状態を和らげるために用いられていますが、美容外科分野でも利用されています。ボトックス注射がそれです。表情筋が作り出す顔面のしわ予防がその代表です。経験豊かなクリニックを見つけましょう。

小顔に見られる

医者

きゅっと引き締まる顔へ

小顔に見られたい人の為の美容整形があります。特に筋肉が原因で顔が大きく見えてしまう人の為の施術方法が、ボトックス注射と呼ばれるものです。ボトックスとは筋肉を動かす指令をブロックさせる薬です。この薬を筋肉に直接注入することで、筋肉の動きを止める効果があります。動きを止めるというのは萎縮させることです。そうすることにより、エラの周りがほっそりして、小顔に見られるといった施術です。元々エラが張っていて、顔が大きく見えるのが気になるという人がいます。そういう場合頬にある噛筋と呼ばれる筋肉が発達している人が多いと言われています。このエラの近くにある噛筋を萎縮させることにより、小顔になることができます。施術方法は大体五ヶ所から十ヶ所程、噛筋の周りにボトックス注射をしていきます。施術時間はそんなに長くなく、五分程で終わります。痛みは全く感じない人もいれば、痛みを強く感じる人もいます。ただ、ほとんどの病院では細い注射針を使うので刺したときは少しチクリとする程度の痛みのようです。痛みの感じ方はボトックスを注入しているときで違いがあるので、そこは個人差があるといえます。注入後はダウンタイムが少なく、腫れや痛みは少ないのですぐに日常生活に戻ることができます。数週間から1ヶ月程かけて、徐々に効果が現れてきますのでごく自然な形で小顔になることができます。デメリットとしては頬が元々痩けている人が注射をすると、顔の痩けが強調されてしまいます。また弛みがある方は注射で薬剤を入れるため、たるみを更に感じやすくなりますので注意が必要です。ボトックス注射の気になる効果期間はどのくらいなのでしょうか。おおよそですが、期間は約半年から一年程です。完全に元に戻ってしまう人もいれば、半分ほど戻る人もいて、人によってその持続期間は違います。なので、人によっては継続的に美容クリニックに通う必要があります。打つ箇所は人によって異なるので、注射を打つ場所は最初に医師とのカウンセリングで決めます。施術の流れとしてはカウンセリングをし、納得すればそのまま診察台に横になり、痛み予防の為にその場で何分かアイシングし消毒をします。その後奥歯を患者さんに噛んでもらった後、噛筋の場所を確認して、リラックスした状態で注射を数回していきます。注射した場所をガーゼで少し抑えた後施術は終わります。刺した所が少し硬く感じたり、少し違和感を覚えたり、注射をした箇所が若干の痛みがあったりするそうですがどれも我慢できるレベルで数日後には気にならなくなるようです。もし痛みに不安を感じるようなら、病院によって笑気ガスによる麻酔もあるので事前に問い合わせすることをおすすめします。笑気ガスは少し酔っ払ったような感じになり、痛みを紛らわすことができます。元々痛みに弱い方、痛みを強く感じやすい方はこちらの笑気ガスによる施術も検討されると良いかもしれません。こちらはオプションとなり、別途追加料金が発生することがほとんどですので気を付けましょう。初めてボトックス注射の施術を受けられる方も病院で無料相談が出きるところがあるので、ご自身が納得した上で受けてみてはいかがでしょうか。